転職するとなったら、まず書類審査をとおらないといけませんよね。まあ、ここでは書類審査を通過したとしましょう。面接となったら、ここが一番大事なのでいろいろ働く意欲などを考えていくでしょう。でもそれはみんな同じですよね。大事なのは相手が「この人と働きたい」と思ってもらえるようなインパクトをもってもらえるようにすることです。そこで、面接に絞って、役立つ転職での体験をご紹介しますね。

私の経験、女性の場合でご紹介したいと思います。私もいろんな面接をうけました。面接官がたくさんいる場合もありましたし、たった一人でフランクな感じのものもありました。見事採用になった時の面接がどうだったかを紹介したいと思います。まず、面接官の質問によって、感触がいいか悪いかはだいたいわかります。いい感じのときは具体的な待遇であったり仕事の内容説明だったりします。もちろん、そういう話をしてもだめな場合はあります。しかし、そういう具体的な話がでるということは悪いことではありません。面接は順調にすすんでいると思っていいでしょう。そして、大事ななのは自分の言葉で話すことです。マニュアル通りにその職場について調べてきたことを並べあげて褒めたて、自分はこういう仕事をしたいとか、キャリアアップしたいなどというのはどうかと思います。それよりも、もっと自分とその仕事の距離を縮めて、ごく個人的にこの職場のどこが気になって応募したかとか、自分だけの視点を相手に伝えるといいのではないでしょうか。そのためにはリラックスするのも大事です。へらへら笑う必要はありませんが、微笑みを浮かべる余裕はほしいですね。自分が微笑んでいれば面接官の緊張もほぐれるはずです。相手も人間ですし、この人はどういう人か?と判断するのに必死だと思います。ですからあなたは自分らしさをだすことがいいと思います。

もちろん敬語であったりマナーであったり、最低限のものはきちんとしてください。でも、私は間違ってスリッパで帰ろうとして職場の人の笑いを誘い、それで面接に合格したことがあります。人間らしさで相手の印象に残ったのではないでしょうか。わざとはいけません。しかし、「だめだったかな?」と思ったことがかえって相手にとっては「いいひとかもしれない」と思い、印象に残ることは多いと思います。その時もリラックスして面接を受けていました。どうしても合格しなきゃいけない!と思わず、自分の思いを伝えよう、ぐらいの気持ちでいくといいと思いますよ。